スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すし~てんぷら~ふじやま~……すし~

お寿司というのは、さっぱりとした味が薄いものからこってりとした味が濃いものへと食べ進めるのが良いと言われますね。
で、濃い味に慣れたらお口直しにお茶やガリなんかをはさむっていう感じですよね。確か。

まぁ、僕は高確率で好きなサーモンから入りますが。
順番とか関係なく美味しいですから。待てないんですね。



ということで!?寿司食ってきました。
勿論、庶民に優しいクルクル寿司です。
いつかクルクルしてない寿司を食べてみたいものですが、テレビとかで見て満足しときましょう!ということで。
美味いと思えることが素晴らしいのでね。


いやしかし、日本人はすごい料理をつくったものですな…
美味を堪能する時間はとても幸せだったでござるよ…

まぁ、そんな美味い寿司のネタを前に、上手いブログのネタなど出会わなかったし思い浮かばなかったんですけどね。
いやいやいや…






そういえば、すごい混んでました。

僕は混んでる時間を(出来る限り)ずらして行く派であります。
スポンサーサイト

20000

おかげさまでカウンタァが20000突破しました。
ありがとうございます☆

まぁ、カウンタァで自分訪問を数えたり等の甘い設定にしておりますが。
それはそれで良しです。10000突破時の気持ちと、変わらないのです。

で、こういった区切りなので自分のブログ記事を振り返ってみたのですが、もう少し皆様のためになることも提供していければなぁと思いました。

…いや、まぁ、振り返るまでもなく薄々感じてたりもしてたのですが。

そうですね、ちょっとした知識や情報の提供も増やせればいいな、ってところです。
これまでは感覚に訴えるものが多かった気がしないでもないので。

…いや、まぁ、何かが変わるのかはわかりませんが。

言いたいことはアレですよ、

これからもっと頑張るので、これからもよろしくお願いします!
ってことです☆

P.S.もっと頑張りますけど、無理は…しない…!!

久々にパッティングセンターに行ってまいりました。

一、二年ぶりでしょうか、思い出せない位久々です。

で、このパッティングセンター、やり終わった後ストレス解消されたりするんですけどね、あんまり張り切ってバット振ったりすると手の皮がむけたりしちゃって「やんなきゃ良かった」なんてことも多々あったりもするのですが。
今回、その辺は回避です。
多々、あったので。


まぁ、昔と違ってフルスイングの回数も結構抑え目でインパクト感を味わってきたんですけどね、まぁ、それでも今の僕にとってはストレス解消になりました。

ただ、筋力だけではなく、体の使い方もなまったなぁと再確認…
健康という観念で体を維持するお年頃ということもあるのですが、もうちょっと鍛えたいなぁ…





ちなみに僕の得意なコースは、インコース低めです。


P.S.パッティングセンターが日本で最初にオープンしたのは、1965年らしいです。
そこまで古い歴史はないでしょうが、昔近所にあったパッティングセンターはすでになし。
景観が変わるのは寂しいものでもあります。

甘党

ここ最近、多少肥えてきましてね…。
時間をつくっては週に二日ほど走っております。

それでもやはり、食えば太りまして。
チョコなんか特に太るんだろうなぁと思いながら、日々堪能しております。




そんなこんなで、もうすぐ「ばれんたいんでー」であります。
人の数だけ「ばれんたいんでー」の過ごし方があると思いますが、

僕は僕で僕のチョコを補充しなくてはならないでしょう!!

これは忙しくなりそうです。



…とてつもなく発信する脳が疲れているので…以上です!!

僕らはみんな生きている

冬を越すため人家に潜り込んでいたようで…。

カメムシ(クサイ虫)を素足で踏んでしまいました。
部屋の電気をつけていなかったため、最初は何を踏んだかわからかずにゴミでも踏んだかと足でコロコロしてたんですが…
電気をつけて驚きました。

カメムシでしたから。

まぁ、一番驚いたのはカメムシだったことでしょうが…。

とにかく臭かったです。
ややリアクションの薄い僕ではありますが、とても大きなリアクションを取るほど臭かったです。
そして速攻で足を洗いましたよ。





まぁ、一番の被害者は踏まれたカメムシなんですけどね。
…すまん…。
踏んだりコロコロして…。

命は尊重すべきですから。

余談ですが、瓶の中にカメムシを入れ、つついて臭いを出させたあと、蓋を閉めておくと、死んでしまうこともあります。(ウィキぺより)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。